平成28年度

輸送の安全に関する基本的な方針

(1)    安全の確保と人命の尊重がバス事業者の最大の使命であることを認識し使命達成に全力を尽くすこと。

(2)    輸送の安全に関する法令や社内規程を十分に理解するとともに、これらを遵守し、厳正かつ忠実に職務をすいこうする。

(3)    安全管理体制を維持向上させる。

(4)    輸送の安全に関する方針や目標などの情報を、ホームページを活用するなどして、利用者に積極的に公表する。

平成28年度安全目標

(1)    人身及び物損事故ゼロ!

(2)    一般道・高速道路での法定速度!

(3)    飲酒運転厳禁!

(4)    道路交通法遵守!

(5)    病の早期発見・早期治療

株式会社昭和観光自動車

代表取締役社長 小林昭仁

株式会社昭和観光自動車






自動車事故報告規則第2条(重大事故)に規定する事故件数の状況は、次のとおりです。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

区  分

平成26年度

事故発生件数

平成27年度

事故発生件数

自動車が転覆し、転落し、火災を起こし、又は鉄道車両と衝突し、若しくは接触したもの

0

0

死者又は重傷者(自動車損害賠償保障法施行令第5条第2号又は第3号に掲げる傷害を受けた者をいう)を生じたもの

0

0

10人以上の負傷者を生じたもの

0

0

操縦装置又は乗降口の扉を開閉する装置の不適切な操作により、旅客に自動車損害賠償保障法施行令第5条第4号に掲げる傷害が生じたもの

0

0

酒気帯び運転・無免許運転・麻薬等運転を伴うもの

0

0

運転者の疾病により、事業用自動車の運転を維持することができなくなったもの

0

0

救護義務違反があったもの

0

0

自動車の装置の故障により自動車が運行できなくなったもの

0

0

車輪の脱落を生じたもの

0

0

前各号に掲げるもののほか、自動車事故の発生の防止を図るために国土交通大臣が特に必要と認めて報告を指示したもの

0

0

合計

0

0