平成30年度(201841日~2019331)

≪運輸安全マネジメントの取組み≫

株式会社昭和観光自動車は、法令順守の立場の下、輸送の安全確保を最優先し、またお客様に安心安全な旅を提供するため弛まぬ努力を惜しまず業務改善に取り組み、経営トップを始め全社員が一丸となって目標達成のため、努力することを宣言致します。

〈平成30年度〉

1.輸送の安全に関する基本的な方針】

1)安全の確保と人命の尊重がバス事業者の最大の使命であることを認識し使命達成に全力を尽くすこと。

2)輸送の安全に関する法令や社内規程を十分に理解するとともに、これらを遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する 。

3)安全管理規程を維持向上させる。

4)輸送の安全に関する方針や目標などの情報を、ホームページを活用するなどして利用者に積極的に公表する。

2.輸送の安全に関する重点施策】

1)輸送の安全が最も重要であるという意識を全社員に徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。

2)輸送の安全及び災害時対策に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。

3)郵送の安全及び災害対策に関する必要な是正処置又は予防措置を講じること。

4)輸送の安全及び災害対策に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達共有する。

3.輸送の安全に関する目標】

「道路交通法遵守:違反0に!」

「飲酒運転、速度超過の撲滅!」

「安全第一・きまりは守る!」

「全員ゴールド免許目標に!」

4.事故に関する統計】

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況(平成3141日現在)

【目標】     【目標数値(件)】    【達成状況】

死亡事故         0           0

重大事故         0           0

人身事故         0           0

物損事故         0           0

5.輸送の安全のために講じる処置】

・年間乗務員教育の計画を作成、確実に実施する。

 (初任運転者研修・適齢運転者研修・適性診断受診等)

・社内ミーティングにおける乗務員指導の強化

 (注意喚起・情報共有・バス事故を皆で検証)

乗務員の健康状態の把握

 (定期健康診断の実施 年1回、健康状態を点呼時に申告する)

始業、就業点呼時アルコールチェッカーによる厳正な検査

アルコールチェッカーが常時正常機能していることを日常チェック

ドライブレコーダーの設置

【衝突被害軽減機能】を搭載した車両の導入  大型1

【衝突回避支援機能】

【警報システム】を取り付けた車両   大型2台・小型1

摩耗したタイヤの早期交換(ノーマルタイヤ・スタッドレスタイヤ

6.輸送の安全/緊急時の関する情報の伝達体制その他の組織体制】

株式会社昭和観光自動車 安全管理規程

重大事故・事件発生時の緊急連絡体制